変な京大生の部ログ/一覧

変人が多いといわれる京大理学部の中でもまともな方だと思っている人の部ログ(×ブログ)




[PR]



2006年09月16日(Sat)▲ページの先頭へ
数学入門合宿

13〜15日まで京大数学教室主催の「数学入門合宿」なるものに行ってきましたので、簡単にレポを書きます。


13日午前10時。某国某大学の6号館ピロティに受付をしに行く。

受付らしきお姉様方が数名いらしたので「数学合宿の受付ってここでよいのでしょうか・・・?」と不安げに聞いてみると、見事的中。これで、この合宿の半分は終わったようなものだ。

しかし、渡された参加者名簿を見てびっくり。1年生が自分を含めて2人しかいないではないか!「1・2回生対象」と言うから、もっと多いと思っていたのに。(後で先輩に聞いたところ、去年は逆に参加者のほとんどが1年生だったらしい)

ともあれ、バスに1時間ほど揺られて合宿場所へ到着。セミナー専用の建物のようだ。京大専用と言うわけではなく、他にもいくつかの大学が宿泊予定に入っていた。

周囲を見渡すとまさに「山」。近くに民家は・・・あったのかも知れないが覚えていない。熊が出るほどではないが、ウサギくらいなら出そうな山田。

本館の建物は4階建てなのだが、なぜか3階から入場。しかも、講義をする部屋と宿舎は、本館から離れたところにあるという意味不明っぷり。夜遅くまで講義をしてもウルサク無いようにだろうか?


とりあえず、着いたら昼食を食べて、講義に移った。ちなみに昼食はなかなかいいのが出たと思う。

講義の内容としては、「超関数」と「組み合わせ最適化入門」。

「超関数」というのは、関数に対して値が定まる関数のこと。
ある条件を満たす関数φがあるとして、F(φ)の値が数値(虚数or実数)になるよ、という関数Fを超関数と言う。
定義としては
[f](φ)=∫f(x)φ(x)dx
[f]∈S'; S'は超関数全体の集合
となる。

と、実際にはもっと詳しく説明されていたのであしからず。今の説明だけ読んで、意味を理解できた人は文句なしに天才だと思う。


「組み合わせ最適化入門」では、二部グラフのマッチングの最大化を扱った。「超関数」と比べて、言っていることはシンプルなのだが難しいことに変わりは無い。詳細は割愛。


と、ここまでが1日目。問題が配られたのだが、講義の意味を理解することで精一杯で、問題を解くどころではない。12時過ぎ?まで復習と問題に取り組んで就寝。


翌朝8時起床。飯食って講義へ。

「超関数」は、全くついていけていない。何かの証明を必死にノートに写してはいるのだが、いったい何を証明したいのかが全く分かっていないのだから、話にならない。土台ができていないのに、塔を作ろうとしても不可能なのと同じだ。

「組み合わせ最適化入門」は、1日目とはちょっと別のテーマの講義だったので、全く理解できない、という事態は避けられた。テーマは「線形計画法と双対問題etc」。

午後からは、演習に移る。演習といっても、ひたすら問題を解いたり、復習をしたり、だ。もっと講義がギュウギュウに入っているのかと思ったので、ちょっと意外。もっとも、これ以上講義が入っていても理解できないであろうことは目に見えているのだが。


そんなこんなで2日目終了。大量に消化不良を抱えたまま3日目へ。ちなみに夕食はバーベキューだった。


3日目。午前中は少し演習をした後、発表に移る。

解けた問題を発表する、という趣旨。1年生2人が果敢にも挑戦し、2人とも大いにダメだしを食らう。


かなり不完全だが、とりあえず

レポ終了


2006年09月11日(Mon)▲ページの先頭へ
GTD
GTDとやらをやってみた。

ITmedia Biz.ID:はじめてのGTD



2006年09月07日(Thu)▲ページの先頭へ
髪が伸びてきた。
そろっと斬りに逝かねば。


2006年09月06日(Wed)▲ページの先頭へ
心と体
本気で打ち込めば、精神的な疲れが体の疲れに出てくるんだなあ。


2006年09月04日(Mon)▲ページの先頭へ
「伝える」ということ
人に何かを伝えるのは難しい。

自分では、全て伝えたつもりでも、必ずどこかに抜けがある。

それが言葉の限界、人間の知恵の限界なのだと思う。


言葉は近似的な思考の共有を可能にしたけれども、それはやはり近似値に過ぎない。

人々の共通認識を真値と言えるのかもしれないが、そもそも万人の共通認識など1mmたりとも存在しないだろう。

ゆえに孤独。決して理解はしえぬ我ら。それでも、理解しあえるという幻想を抱いてもがき続ける。


2006年09月03日(Sun)▲ページの先頭へ
書くこと無いね
変わりばえのしない毎日。

空は移り変わり

雲は絶えず動く

時は確かに流れ

私は一人老ゆ


2006年08月30日(Wed)▲ページの先頭へ
睡眠時間を減らす
睡眠時間を減らすコツは

起きる時間を早くするのではなく
寝る時間を遅くして起きる時間は変えないこと

本当にその通りだった。
まあ、受験生は睡眠も勉強の一つなので5,6時間の睡眠は確保することをお勧めする。


2006年08月29日(Tue)▲ページの先頭へ
うた
明日ありと
 思うこころは
  消えねども
この眼のとじる
 ときぞあるべき


深々と
 おのがこころを
  みてみれば
うちにすむのは
 鬼か悪魔か


おのが業
 善善悪悪
  やまびこよ
たねをまく者
 実を刈る者ぞ



明日知らず
 おのれも知らぬ
  この身なり
自業にひかれて
 ただ堕つるべし


2006年08月28日(Mon)▲ページの先頭へ
未来の携帯電話のアイデアを
SH-Mobileラボというところで、未来の携帯電話アイデアコンテストをやっていた。


応募締め切りまであと3日。ウガ


2006年08月24日(Thu)▲ページの先頭へ
暑さが軽減?
最近、8月の初めのような、そこにいるだけでTシャツがびしょぬれになる暑さが無い気がする。
熱いには熱いのだが、なんとかクーラーなしでも耐えられる暑さ。

湿度が下がったのだろうか?


2006年08月23日(Wed)▲ページの先頭へ
更新しました
「勉強は技術だ」の方をかすかに更新。



2006年08月22日(Tue)▲ページの先頭へ
帰ってきたなら
「実家から帰ってきたなら、さっさと『勉強は技術だ』の記事を更新しろ」

と言う声が、どこかから聞こえてくる気がしますね。

そりゃあ、私とて、更新をしたくないわけじゃありません。

ただ、受験生の皆さんほどでは無いかもしれませんが、私もそれなりに忙しい身なのです。

「大学生は暇だ」

と思っている方が多いでしょうし、実際に98%の大学生は暇してます。

でも、2%の大学生は結構必死こいて毎日の時間をやりくりしてたりするわけです。

私も受験時代より睡眠時間を削っています。ぶっちゃけ眠いです。たまに寝過ごします。

「俺らがこんなに必死に勉強してるのに、アージーの野郎はのんきにアイスでも食ってるに違いない」

と恨まれても仕方ないですが、現実にはそこまでのんきにしているわけではないのです。アイスは食ってますが。

というわけで、『勉強は技術だ』の更新が遅いことの言い訳をしてみましたとさ。


・・・「忙しい」なんて、結局、言い訳にしかならないさ。


2006年08月21日(Mon)▲ページの先頭へ
京都大学にはトリビアの泉がある・・・
京都大学には、トリビアの泉があったらしい。

元ネタはMORAHAZA BLOGさんなのだが、ログが消えていて見れないので、InternetArchivesのログを参照。写真が見れないのが残念。
 なお、文字化けするときは、「表示>エンコード>日本語EUC」を選択されたし。



2006年08月20日(Sun)▲ページの先頭へ
帰ってきました
実家から帰ってきました。

なんか、のほほ〜〜ん、としてしまって、時間はたっぷりあったのに、普段の2日分くらいしか行動しなかったな。ダメだこりゃ。



2006年08月10日(Thu)▲ページの先頭へ
帰省
「勉強は技術だ」でも告知しましたが、明日から帰省してきます。

さすがに帰らないと親(というより、むしろ祖母)が悲しむので。

心待ちにしてくれるのは、ありがたいことのはずなのに、素直には喜べませんなぁ・・・


帰省前に、参考書レビューを全部やってしまいたかったのですが、3冊で精一杯でした。申し訳ありません。


2006年08月09日(Wed)▲ページの先頭へ
Fate/stay night [レアルタ・ヌア]
このブログは高校生以下も見ていると思うので今まで書かなかったのですが、私はTYPE-MOONの大ファンです。

TYPE-MOON(タイプムーン)はクリエイタープロダクション・有限会社ノーツのアダルトゲーム用ブランド。ノーツは同人サークル「TYPE-MOON」のメンバーによって設立された会社であり(社名はメンバーの一人・奈須きのこの小説『Notes.』に由来)、「ノーツ=TYPE-MOON」と言える。代表は武内崇。ニトロプラスと双璧をなす燃えゲーメーカーである。
TYPE-MOON - Wikipediaより

と、書いても分からない人もいると思うので説明しますと、TYPE-MOONってのは最初同人サークルとしてスタートして、あまりに好評だったためにそのまま会社になっちゃた、というギャルゲー界ではよくある(らしい)会社です。同人時代の作品「月姫」は同人最高傑作とも言われ、1999年発売にもかかわらず今なおその人気は衰えません。

同人

仲間同士で勝手に集まって、ゲーム・本・CDなどを作成する団体、またその行為。18禁コンテンツのイメージが強いが一般向けも多くある。

ギャルゲー

美少女ゲームとも言われる。18禁のものだけではなく、「ときめきメモリアル」などもギャルゲーとして扱われることが多い。


で、上の説明を読んでいただいて分かるようにTYPE-MOONとそのゲームは基本的にアダルト向けです。だから、今までこのブログで触れることはありませんでした。それなのになぜ今回触れたかと言えば・・・

一般向けのゲームがTYPE-MOONから出るからです!


フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] extra edition(2006年末発売予定)
フェイト/ステイナイト[レアルタ・ヌア] extra edition(2006年末発売予定)
おすすめ平均
stars楽しみだが少し不安
starsまだわかりませんが・・
stars評価が分かれそうです。
starsフルボイスもありかな〜
starsフルボイス

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この作品は2004年にPCゲームとして発売された「Fate/stay night」をPS2に移植したものです。はっきり言って『月姫』がかすんで見えるくらいに素晴らしい作品です。(絵やなんかを見ると明らかにFateの方が月姫よりレベルが高いのが見て取れます。といっても文章主体なので関係ないといえば関係ないのですが)

ゲームの形式はサウンドノベルです。絵や音楽とともに文章が表示されるのをひたすら読み進めていく感じ。
 と聞くと、カラフルなグラフィックや3Dに慣れた最近の人には「つまらなそう」という印象を与えるでしょうが、決してそんなことはありません。むしろ、プレイした私に言わせれば「3Dを超えるのは文字の力と人間の想像力だ!!!」と豪語できます。

ゲームのストーリーについては触れないでおきましょう。せっかくの楽しみを奪うことになりますので。

ちなみに18禁であることは全く気にしないでいいです。私としては「18禁であるのがもったいない」と思うほどでした。18禁でさえなければ周りの人にオススメしまくっていたことでしょう。それが一般向けに発売されることになるとは・・・素晴らしい。


○良かった点



 とにかくカッコよすぎます。戦闘シーンで泣きました(あまりにカッコよすぎて)。戦闘シーンで泣けるゲームなんて生まれて初めてだ・・・。

 ストーリーにひたすら惹きこまれます。次へ次へと読み進めたくなること必至。設定がメチャメチャしっかりしているので、設定好きの人にもおすすめ。

 この面白さは、言葉では伝えられません。とにかく、やれっ!!という感じです。

△悪かった点



 総プレイ時間60時間(!)です。まあ、否応無しに物語に惹き込まれるので苦ではないのですが。

 熱中しすぎると目が痛くなります。ドライアイには気をつけて、こまめにまばたきをしましょう。

 あとは18禁という負い目。それも今回の一般向けソフト発売でなくなりますが(笑)

対象



 血の気の多い人(笑)。男の闘争本能をフルに刺激します。

 逆に、血とか争いが嫌いな人はやめたほうがいいです。

・推奨時期



 「とにかくプレイ時間が長い」+「一度始めたらクリアまで止まらなくなること必至」なので、時間的に差し迫る問題が何も無いときにやりましょう。えっ?だったら受験生も見ているこのブログで紹介するなって?ふっふっふっ、これは皆さんの意志の強さを見るためのテストなのですよ!というか来年の春に何の負い目もなくこのゲームをプレイできるように頑張って合格してくださいね!(笑)



2006年発売日未定とのことですが、私は早速予約しました。それもextra editionを(PSP持って無いのに・・・)

来年の春まではやるべきことがあるのでプレイすることはできないのですが、その負い目が無くなったら思いっきりプレイしたいと思います。


ちなみに、PC版の体験版をTYPE-MOONの公式サイト(18禁なのでリンクは貼りません)でダウンロードできます。「18歳以上」の方は「TYPE-MOON」で検索すれば確実に見つかるので探してみてください。体験版には18禁要素はなかったはず。


追記:やべえ、今回の記事が(「勉強は技術だ」も含めて)今まで書いた中で一番長い記事かもしれない


追記2:予約した後で、テレビもPS2も持っていないという驚愕の事実に気づきました(もっと早く気づけよ・・・)
 
追記3:未だに持っているだけでプレイできておらず。時間ねぇ。(2009年時点)




2006年08月08日(Tue)▲ページの先頭へ
クーラー
あまりの暑さについにコイツを使うときが来たようだ・・・。


2006年08月07日(Mon)▲ページの先頭へ
笑い・哂い・嗤い
なかぬムシ

 くもり眼(まなこ)の

  わが身にて

まことに帰する

 こころだに無し



2006年08月05日(Sat)▲ページの先頭へ
過去ノ記憶ヲ洗イ出ス
勉強は技術だ!のリクエストにお答えして、自分の過去を洗っている。

忘れている、と思っていた過去でも、思い出そうとすれば思い出すもんなのだなあと記憶の不思議さを実感。


どうでもいいことだが、Don't forget.とRemember.の違い。

Don't forget.は「忘れない」だから、 ――――――――― と言う感じ。(切れ目が入ってしまった・・・)
Remember.は「思い出す」だから、・・・・・・・・と言う感じ。

意味が分からないね。それも記憶の不思議ささ!



PS.タイトルのひらがなをカタカナに変えるだけで、サイケっぽい雰囲気が出るなあ。


2006年08月04日(Fri)▲ページの先頭へ
忙しい?
「忙しい、忙しい」

こう言っているわりには、ついつい遊んでしまう・寝てしまう自分だ・・・。ふぅ。


2006年08月03日(Thu)▲ページの先頭へ
精根尽きる
なんか昨日の夜はまさに

「精魂尽き果てた・・・」

という感じで夕飯も食わずにバッタリ倒れてしまった。


無理はいかんなあ、と思いつつ、今日も無理をする毎日です。


2006年08月01日(Tue)▲ページの先頭へ
キンキンに冷えたタイヤキ
我が家の冷凍庫には仕送りの「冷凍タイヤキ」が入っているのだが、無性にこの「冷凍タイヤキ」を凍ったまま食べたくなった。

まずは、そのままカジってみる。硬い。ハムスターでも歯が折れそうだ。

自然解凍・・・はダメだ。どう考えても普通に溶けるだけだ。

冷蔵庫で解凍・・・確かに「冷たいタイヤキ」は出来上がるが、凍ったままではない。


そこで考えたのが電子レンジの「サックリ解凍」機能。本来は冷凍した魚などを凍ったまま切れるようにちょうど良い具合に解凍する機能なのだが、これを使えるのではないかとひらめいた。

早速、電子レンジに冷凍タイヤキを入れて「サックリ解凍」ボタンを押す。

・・・待つこと1分。出てきたのは紛れも無く「凍ったままのタイヤキ」であった。しかも、硬くない。これは素晴らしい。特許をとろう!と思いつつ食べてみた。


うん、なんていうか、普通に「さめたタイヤキ」だった。

もっとミラクルで奇想天外な味と食感を期待していたのだけれども、正直普通だった。食感はサクッ、サクッという感じでなかなかだったのだが。


というわけで、今日の結論:
「サックリ解凍機能は、生の魚だけじゃなくて、アンコの魚にも使える」

うわぉ、トリビアに出したら100へぇ超えそうなネタだね!


ちなみに、この一件以来、凍ったままタイヤキを食べることにハマってしまい温かいタイヤキをココしばらく食ってません。たとえ味は普通でも、この暑い中、温かいタイヤキを食べる気がしないのです。



2006年07月31日(Mon)▲ページの先頭へ
唯識
この世界が存在するために、物質は必ずしも必要ではない。

精神機能さえ存在すれば、この世界を再現できる可能性は大いにある。

実際、これは唯心論とか唯識論として東洋哲学では千年以上前にほぼ完成しているらしい。

実際、私の考えとしても唯心・唯識に近い。冒頭で述べたように世界が存在するために物質は不要かもしれない、というのが私の意見である。(非常に低次元の話ではあるが・・・)



理学部なのに唯心論というのは奇妙に聞こえるであろうが、実際には唯心論と科学はなんら矛盾するものではない。

科学が有効なのは、科学の領域においてのみだからである。しかし一方で、たとえこの世界が空洞だとしても、そこに法則がある限りその法則を発掘できるのが科学である。その意味で科学の有用性は疑うべくもない。



では、本来不要であるはずの物質が存在するのはなぜか?それが現在の課題だ。



※説明を9割以上省いているので、色々と納得いかない点も多いでしょうが、狂人のたわごとだと思って聞き流してください。


2006年07月30日(Sun)▲ページの先頭へ
キョウダイリガクブZ クラスで一番強いヤツ
やっぱり、ナチュラルに「こいつはスゲエ」って奴がクラスに一人くらいはいるもんで。


微積分のテストで、クラスの半分以上がギリギリまでやって「あぁ、ダメだったな〜」とかぼやいている中、一人だけ試験時間終了の30分以上前に退出して行ったり(しかも後で聞くと、出て行く30分前はずっと見直ししていたとのこと)

「カツ丼とか自炊してる」と言うから「親にでも習ったん?」と聞くと「いや、勘」と驚愕の事実を答えたり

物理の練習問題の解答を書いて配布したり(感謝!)


まあ、スゲエ奴がいるんですよ。ちなみに全部同一人物です。

こういうのを見ると、さすがに「うむ、これが天才か・・・」と思わずにはいられないんですけれども、これがクラスに1人ってことは京大理学部1回生だけでも、あと5人いるわけで・・・恐ろしい。


でまあ、オーラが出てるかというと特別そんなこともなくて、私の視力が悪いせいかも知れませんが、ぱっと見は普通の学生です。

やっぱ人は見た目で判断しちゃあいけないよなあ、と考えつつ

凡人は凡人なりに、凡人の頂点を目指そうと頑張っています!

と、言えればいいんだけれども、本当自分は精神的に弱くて、ついつい寝坊の多い今日この頃。


妥協したら負けなので、それでも必死で食らいつくとしましょう。





2006年07月29日(Sat)▲ページの先頭へ
涼宮ハルヒの×××
涼宮ハルヒシリーズが人気らしいねえ(古い?)

ハルヒはなんだかんだで見たことないんだけれども、これはマジでアホだと思うw
こういうアホは大好きです(笑)


ちなみにオリジナルのアニメはこれ


と、まあ、ファンでない自分は普通に上のムービーを見て楽しめるわけですが、ファンの人から見るとこういうのどうなんだろ?よくわからんなあ。


2006年07月28日(Fri)▲ページの先頭へ
ブログ移転について
微積分のテストもとっくに終わっているのですが、カーフィさんのナイスなアイデアを採用して、ブログ移転はとりやめにします。

面倒なわりには得るものが少なくなったので(笑


というわけで、今後とも変な京大生の部ログをよろしくお願いします。m(_ _)m


2006年07月27日(Thu)▲ページの先頭へ
自戒
1日遊べば、1日未来が遠くなる。

1分悩めば、10分命が無駄になる。

1秒生きれば、1秒あの世が近くなる。


2006年07月26日(Wed)▲ページの先頭へ
夏の京都
夏の京都はヤバイ。

暑い、っていうか、熱い、っていうかむしろ、A・TU・Iって感じだ。

自転車で走っていても爽快感はない。肌に熱気がまとわりつく。(昼の1時ごろで一番ATUI時間だったのもあるが・・・)

もう体験したことのない暑さ。グアムより暑いんじゃないか?これ?

砂場で遊ぼうものなら、砂漠に迷い込んだかと間違えそうな状態。こうして日記を書いている今も、肌から汗が流れ続ける(クーラーつけろよ)

コハクさんを助けに行ったときの志貴はこんな感じだったのか・・・と一人考えていた(大部分の人はネタ元が分からないと思うので流しといてください。



2006年07月25日(Tue)▲ページの先頭へ
数学教室
第4回数学入門合宿の参加承諾書が届いた。(リンク先は第2回)


この合宿は、10600円払って9月13日〜15日の3日間泊り込みで数学をやる、という普通の人から見たら「頭おかしいんじゃないか」と思われるイベントである。

どうやらさしもの京大理学部といえども、こんな狂ったイベントに参加する輩は多くなかったようで、つい最近まで「参加者急募!」のポスターが貼ってあった。申込締切が6月30日なのに、7月の中盤まで貼ってあったからな、うん。


かく言う自分は、ポスターを見たその場で申込のメールを出した強者なわけなのですが。


未来の数学者たちとの出会い。大きな影響を残すものになるに違いない。


2006年07月24日(Mon)▲ページの先頭へ
時間
時の流れは速い。

永遠と思いし時間も一瞬で過ぎ行く。

「1分1秒を大切に」
分かってはいても目先の楽しみに身を投げて無為に過ごす。

18年。考えてみれば一瞬だった気がする。

ならば80年、90年生きたところで、それも「一瞬」のことではなかろうか。


1 2 3 4 5 6 7 8 9    全257件



中の人:アージー



こんなブログもやってます。↓

現役京大生伝授の勉強法〜勉強は技術だ!〜

書評な部ログ

・・・別人みたい、とか言うな〜







企画モノ

24時間チャレンジ 24時間でマンガ何冊読める?



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年9月
         
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ
2006年 (91)
5月 (9)
6月 (21)
7月 (25)
8月 (16)
9月 (10)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2007年 (143)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (8)
9月 (76)
10月 (12)
11月 (4)
12月 (5)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
2009年 (13)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:35
昨日:266
累計:475,462