間違いを認められるか?






[PR]



2007年06月23日(Sat)
間違いを認められるか?
「あなたは間違っている」

面と向かってこう言われて、すぐに反省できる人は少ない。


本当に自分が間違っているかいないかは別として、

相手をしてその言葉を言わしめた責は自分にある。


ここで自らの行為を振り返り、次に活かせる人は稀である。

それゆえに、それができる人は周囲より輝く。



また正す側としては、

人間は、そんな簡単に自分の過ちを認められるほど殊勝な生き物ではない

ということを前提とした上で、

それ相応の方便を用いる必要がある。



「ガキ」と言われて怒る人間もガキだが、

そんなガキに対して、面と向かって「ガキ」という人間も浅はかなのだ。



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存


中の人:アージー



こんなブログもやってます。↓

現役京大生伝授の勉強法〜勉強は技術だ!〜

書評な部ログ

・・・別人みたい、とか言うな〜







企画モノ

24時間チャレンジ 24時間でマンガ何冊読める?



新着トラックバック/コメント
地球は広い (11/16)


カレンダ
2007年6月
         
23

アーカイブ
2006年 (91)
5月 (9)
6月 (21)
7月 (25)
8月 (16)
9月 (10)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2007年 (143)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (8)
9月 (76)
10月 (12)
11月 (4)
12月 (5)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
2009年 (13)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:93
昨日:122
累計:483,348