西尾維新『クビキリサイクル』






[PR]



2008年08月23日(Sat)
西尾維新『クビキリサイクル』

ちょっと時間があったので、西尾維新の『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』を読んでみた。

・・・もちろん立ち読みだが。


なるほど。たしかに面白い。

前半は冗長であったが、後半(特に最後の6分の1ほど)のひっくり返しが上手い。

以下少しネタバレになるかも知れないので、分からないように書くけれど読んだことがある人は適当にうなずいておいてください。

クビキリでリサイクルして、

それがもともと入れ替わっていたというサイクルが実はその前にあって

さらにその前にも入れ替わっていて

実際のところ、どれだけのサイクルが回っているのかは分からない。

首=個人のアイデンティティと思えば、その”個人”が死んでは変わり乗っ取りのサイクルが回っているわけだ。

で、今回の内容もそのサイクルの一つと考えれば流転輪廻。見事なクビキリサイクルというわけで、一つの事件を通して、”犯人”の人生そのもののサイクルまで表現しているのだから面白い。

以上、ネタバレ終わり



正直、西尾維新は今回がはじめてなので『クビキリサイクル』以外は読んだことが無いのだが、この作品に関して言えば「天才」というものが数多く出てくる。
筆者自身もあとがきしている通り。

そもそも「天才」とは、どんな人のことを言うのかという話だが・・・長くなりそうなので、今日はこれくらいで。
また気が向いたら続きを書くこともあるやも知れぬ。

ただ私個人としては、「天才」というものに会ってみたいという思いは非常に強くある。

求める者には与えられる。求める努力をしていれば、いずれ会える日もあるだろう・・・か?



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存


中の人:アージー



こんなブログもやってます。↓

現役京大生伝授の勉強法〜勉強は技術だ!〜

書評な部ログ

・・・別人みたい、とか言うな〜







企画モノ

24時間チャレンジ 24時間でマンガ何冊読める?



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年8月
         
23
           

アーカイブ
2006年 (91)
5月 (9)
6月 (21)
7月 (25)
8月 (16)
9月 (10)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2007年 (143)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (8)
9月 (76)
10月 (12)
11月 (4)
12月 (5)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
2009年 (13)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:31
昨日:80
累計:452,506