博士(はくし)が100にんいるむら






[PR]



2009年03月28日(Sat)
博士(はくし)が100にんいるむら
少し古いですが「博士(はくし)が100にんいるむら」というものがあったので紹介。


その前にまず日本の大学のシステムについて、知らない人もあるかも知れないのでそれを説明します。

日本の大学は
学部4年間(いわゆる大学)のあと、
修士課程2年間(いわゆる大学院)
さらにその後に、博士課程3年間(これも大学院)
となっています。

つまり、大学院と一口で言っても、2年間で終わる修士課程と、合計5年間の博士課程があるわけですね。

その博士課程を卒業して、”博士”の名を得た100人のうち
なんと16人は無職、
さらに8人は・・・

博士(はくし)が100にんいるむら
http://www.geocities.jp/dondokodon41412002/index.html

ちょっと洒落にならないなあ。

まぁ、数字の検証がこちらでされているので参照。
「博士が100人いるむら」のオチはマジなのか? - 児童小銃




参考: 博士が100にんいるむら:浜村拓夫の世界


   



中の人:アージー



こんなブログもやってます。↓

現役京大生伝授の勉強法〜勉強は技術だ!〜

書評な部ログ

・・・別人みたい、とか言うな〜







企画モノ

24時間チャレンジ 24時間でマンガ何冊読める?



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年3月
28
       

アーカイブ
2006年 (91)
5月 (9)
6月 (21)
7月 (25)
8月 (16)
9月 (10)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2007年 (143)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (8)
9月 (76)
10月 (12)
11月 (4)
12月 (5)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
2009年 (13)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:0
昨日:99
累計:459,059