時がたつのは早い






[PR]



2007年10月22日(Mon)
時がたつのは早い
時がたつのは早い。
いや、早すぎるとさえ思える。

朝、家を出たと思ったら、もう家に帰っている。
昨日、布団を敷いて寝たと思ったら、もう布団を敷く時間だ。
つい先日、大学に入ったと思ったら、もう大学生活も半分が終わった。
ちょっと前に、生まれたと思ったら、もう人生の4分の1が終わっている。

過ぎた時間は、アッという間に過ぎ去ったように感じる。
過ぎた20年がアッという間ならば、これからの20年もアッという間だろう。
アッ、アッ、アッ、と3回言っている間に、もう人生の終焉が訪れる。

少年老い易くして、学成り難しと言った昔の人もあったが、
「少年老い易し」とたそがれの人生に気づいたのでは遅すぎる。

また、自分の寿命が短く感じられるほど、人間は人間らしく生きるようになる、とも言われる。

限られた命、決して悔いのなきよう。


時は少なく、この身はもろく
命短く、夢儚し。


眼を閉じて、そして再び開いたときには、
すでに髪は白ばみ、肌は皺より、歯は抜けた老人となっている
浦島太郎の玉手箱のごとく、まばたきの間に何十年もの歳をとり、
そして何もなさずに死んでいく。
そんな姿を幻視した朝。
おそらくは、それは何十年の後にやってくる未来。
その時には、この幻視の中で自分が思ったがごとく、
「自分の人生は、まばたきの間のことであった」
と、その短き人生を無為に過ごしてきたことを後悔するのだろう。



   



中の人:アージー



こんなブログもやってます。↓

現役京大生伝授の勉強法〜勉強は技術だ!〜

書評な部ログ

・・・別人みたい、とか言うな〜







企画モノ

24時間チャレンジ 24時間でマンガ何冊読める?



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2007年10月
 
22
     

アーカイブ
2006年 (91)
5月 (9)
6月 (21)
7月 (25)
8月 (16)
9月 (10)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2007年 (143)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (8)
9月 (76)
10月 (12)
11月 (4)
12月 (5)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
2009年 (13)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:397
昨日:44
累計:495,682