変な京大生の部ログ - 2009/08

変人が多いといわれる京大理学部の中でもまともな方だと思っている人の部ログ(×ブログ)




[PR]



2009年08月13日(Thu)▲ページの先頭へ
[量子力学]束縛状態とは?
いまさらながら「束縛状態」ってなんだろう、と疑問がわいたので本をあさってみた。

なんだかあまりにも初歩的なことなためか、きちんと書いてある本があまりなかったのだけれど

メシアの『量子力学』によれば


無限遠でゼロになる波動関数をもつ状態を「束縛状態」というのらしい。

無限遠でゼロということは、
波動関数は有限の領域にしか存在しない←→束縛されている
というわけ。

特に、エネルギー固有値が離散的な場合に、無限遠でゼロの解が現れるらしい。

そのため「エネルギー固有値が離散的だから、束縛状態だ」<*>というような議論もよくされる。

(というよりは、エネルギー固有値が連続的なときには波動関数を規格化できない、という方が正しいもよう。その辺りは同値関係で結んでよいのかどうか、まだ良く分からん)


というわけで、素人じみたことにつまづいている今日この頃であります。


2009年08月06日(Thu)▲ページの先頭へ
本当に核兵器は廃絶した方がよいのか?
今日は8月6日。

私のつたない記憶が正しければ、広島に原爆が落ちた日だったと思う。

そのためか近所の銀行の前で

「核兵器を廃絶する署名にご協力を!!」というキャンペーンをやっていた。


いかにも大衆受けしそうなキャンペーンではあるが

果たして本当に核兵器は廃絶した方がよいのだろうか?

(別にキャンペーンをしている人にケンカを売っているわけではないし

私としては核兵器賛成派でもない。

ただ以下のように考えていくと、

そこまで強く廃絶を進める根拠は意外にあいまいなのではないかと思ったため)


ソクラテスに習い助産術で話を進めてみよう。

余談だが、やっていて気づいたこととして、助産術というのは基本的に「負けない」

こちらから強く何かを主張しようとしていないため、こちらの主張が覆される、ということは原理的に無いからだ。

ただ矛盾を暴かれた相手としては腹が立つだろうから、ソクラテスが大きな非難を受けたのもまた然りと言えよう。

時として真実は人間の耳に逆らうものだ。


以下、
Q(質問者)
A(回答者、キャンペーンをしている人のつもり)
として進める。

基本的にどちらも考えて書いているのは私である。

だからどうしても思考の偏りがあることは間違いない。

「私ならこの質問にこう答える」というものがあれば、ぜひコメントしていただければありがたい。


Q1:今日、世界の主要国はみんな核兵器を保有しています。
  なぜ彼らは核兵器を持ちたがるのでしょう?
 
A1:そりゃあ、他の国が持っているから、自分の国も持たないとパワーバランスが取れない、という論理ですよ。
  けれども、そんな張り合いをしていたら、いつか地球は滅亡してしまう!!


Q2:なぜ、張り合いを続けることがイコール地球が滅亡することになるのですか?

A2:だって力の張り合いをしていったら、武力はドンドン強大化する。
  この先戦争が全く起きないなんて考えられないんだから、やがては戦争が起きるでしょう。
  そのときには、あまりに強力になりすぎた武器によって地球ごと木っ端微塵ですよ!


Q3:なるほど。ということは、あなたは「戦争はやがて必ず起きる」と思っているのですね?
  もしこの先戦争が起きないのであれば、どんな武力も使われることは無いですから、武器が強力になっても人類や地球に被害を及ぼすことは無いでしょうし。

A3:そればかりは「人類の歴史は闘争の歴史だ」なんて言ったヒトラーに賛成しますよ。
  戦争がなくなるなんて考えられない。


Q4:分かりました。
  では、核兵器が廃絶されても戦争がなくなることはありませんね?

A4:そりゃあ・・・核兵器がなくなったからって、戦争が完全になくなることはないでしょう。
  それでも、大多数の人に多大な被害を与える核兵器は危険ですよ!!


Q5:あなたは「武力の張り合い」によって強力になった武器が、「やがては起きる戦争」によって使われると「地球は滅亡してしまう」ことに危機感を抱いているようですが、
では核兵器が廃絶されたら「武力の張り合い」はなくなりますか?

A5:・・・いや、核兵器がなくなったら、別の形での武力の張り合いがあるだけでしょうね・・・。


Q6:ということは、核兵器が廃絶されるか・されないか、という問題と
  あなたが心配されている事態とは、直接の関係は無いのじゃありませんか?

A6:・・・。




ここまで書いて疲れた。

なんかもうちょっと別の返答の仕方もありそうだ。

それならそれで質問も変わってくるだろう。

自分や他者が「なんとなくそう思っていること」を突き詰めて考えていくと

あまり論拠がなかったりすることも怏怏(おうおう)にしてある。

もちろん今回のケースがそうだとまでは言わないが・・・。





   



中の人:アージー



こんなブログもやってます。↓

現役京大生伝授の勉強法〜勉強は技術だ!〜

書評な部ログ

・・・別人みたい、とか言うな〜







企画モノ

24時間チャレンジ 24時間でマンガ何冊読める?



新着トラックバック/コメント
地球は広い (11/16)


カレンダ
2009年8月
           
         

アーカイブ
2006年 (91)
5月 (9)
6月 (21)
7月 (25)
8月 (16)
9月 (10)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (2)
2007年 (143)
1月 (2)
2月 (9)
3月 (7)
4月 (4)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (4)
8月 (8)
9月 (76)
10月 (12)
11月 (4)
12月 (5)
2008年 (10)
1月 (1)
2月 (1)
5月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
2009年 (13)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
12月 (1)

アクセスカウンタ
今日:105
昨日:122
累計:483,360